株式会社セガ -【SEGA Co., Ltd.】

NEW EMPLOYEE

新入社員インタビュー

総合職 カステジャノス アナヤ デビット ケン 2019年入社

多様性を尊重し多様な人材が活躍する会社。

幼少期は日本で育ち、ゲームが好きで、中でもソニックが大好きでした。まだ小さな子どもだった私にとってはかなりの遠出でしたが、それでも当時はるばる幕張メッセで開催されたゲームフェアにまで出かけ、限定グッズを手に入れるほど、ソニックは私にとってヒーロー的な存在でした。その後、カリフォルニアに移り住むことになり、それから17年経った後も、日本のゲーム業界で働きたいという思いを抱いていました。就活のときには、海外向けの仕事ができるか、大好きなゲームに携われるか、大学で学んだマーケティングの知識を活かせるかという軸で会社を選びました。セガに応募した際に、「まずはスカイプでお話してみませんか?」というお返事をすぐにいただきました。海外の学生のために配慮された選考方法からも、多様な人材を歓迎している会社なんだなという印象をもちました。また、面接の際に、仕事内容なども詳しく説明していただいたことで、自分がセガで働く姿がイメージできたことも、入社の決め手となりました。
実際、入社してみると、自分のキャラクターをすぐに受け入れてもらえ、配属後すぐにチームになじむことができました。

キャリアを積みセガのIPをさらに世界に広めたい。

現在、ビジネスプランナーとして海外の運営会社と日本の開発部署とのブリッジング業務を担当しています。その他にも海外のゲームタイトルの調査、資料の翻訳やテレビ会議の通訳なども行っています。こうした業務では、日本と海外との文化的な違いを十分考慮した上で、双方の意見を伝えることがとても大切になってきます。
業務をする上でコミュニケーションは特に大切であり、自分の個性を出しつつ、場にあった振る舞い方をすることを心がけています。日本的な表現や態度の表し方というものがありますので、慣れるのはなかなか大変です。しかし、そうした振る舞いや仕事の失敗も含め、「毎日が発見だ」と思って働いています。そして、キャリアを積んで、セガのIPをよりいっそう世界に広めていく役割を担っていきたいです。

自分が楽しいと思える仕事を軸に会社選びを。

日本のゲームは世界でも多くの方を魅了するポテンシャルがあると私は信じています。また、セガは海外にも多くの開発スタジオや販売拠点を置いてIPを発信しているので、さらに世界に事業を広げられる仕組みをすでに持っている会社です。
日本のゲームを世界に展開したい、多くのお客様に届ける仕事をしたいという思いをもっている方と、ぜひ一緒に働きたいと思います。さらに、自分の経験から付け加えると、自分が楽しめることを仕事にできるのは幸せだということです。私は今、クリエイティブで幅広いタイプの人たちに囲まれて充実した日々を過ごしています。

日本で絶対に就職したいという希望を捨てずに挑戦したことで、今自分の働きたい分野と部署で仕事をするという夢が叶っています。自分では無理だと決めつけずに積極的にやりたいと思ったことにどんどん挑戦してほしいと思っています。

SCHEDULE

10:00 出社、メールチェック。資料やメールの翻訳依頼を確認。

11:00 アメリカ駐在員とのテレビ会議で通訳を担当。

12:00 同期と食堂でランチ。余った時間は皆でゲームなど。

13:00 資料翻訳進捗会議で翻訳チームと打ち合わせ。

15:00 業界ニュースを調査し、重要な情報を事業部内へ共有。

17:00 コンテンツの分析と資料作成、提案書の作成。

19:00 明日の予定確認や準備を行い、退社。

三级小说_99re6热这里在线精品视频_6080yy电影在线看